スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
やっぱいいよね!
2012 / 06 / 03 ( Sun )
こんばんは!あーくです。

今年は息子が受験なので、土日に塾があることが多くて思うように外出ができません。
しょうがないので最近の土日は、庭でひたすら草をムシる、ムシる、ムシる・・
一日あたり、2~4時間くらいムシってます。

ちなみに、こいつが私の永遠のライバル、カタバミです。
カタバミ

カタバミの奴ときたら、芝の中に根を張りまくりやがって、むっちゃ取りにくくてむかつく~!

さらに草むしりしてると、ぼ~っと仕事のことなんか考えちゃったりして・・・
あ~!ぱ~っとどこかに出かけたい!

そんなこんなで、ストレスで「心の隙間」がちょうど発泡スチロール箱くらいの大きさになった時、

その間を埋めてくれる素敵なプレゼントが着弾!

Cyclommatus metallifer finae (メタリフェルホソアカクワガタペレン島亜種)
インドネシア ペレン島産、WF2、'12/3月下旬、6月割出
メタリフェルフィナエ120603

かっつさん達のAKBプレで当選した、アウトドアら~おとうさんのメタリフェルフィナエ! いわゆるペレメタです。

予定では4頭だったのに、隙間いっぱいに詰まって6頭の着弾~!

新規カテゴリーを作って、お出迎えです

私にとっては因縁のメタリフェル。
以前飼育した際は全♀の憂き目にあいましたが、6頭もいれば今度こそ!
しかも、羽化ズレ対策で割り出し時期の違うものをわざわざ送ってくださいました。

アウトドアら~とうさん、ありがとうございました!!

また、なんと今回はお互いで当選しあうという奇跡が!?
マジシャンレッド、ブリード頑張ってください!!
累代の危機には、みんなで助け合えますしね。

また、その他の協賛品に応募してくださった、兵庫のタカさん、じぇい太郎さん、ありがとうございました!
お二人とは久々に連絡を取り合い、懐かしい気分に・・・
もうあれから2年半ほども経つんですねえ。

懐かしさに、ついついコクワを多めに混ぜて送ってしまいました。


こんな機会を作ってくれた、かっつさんに感謝、感謝です。
やっぱりいいよね、交流って♪
スポンサーサイト

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

22 : 05 : 59 | Cyclommatus metallifer finae | トラックバック(0) | コメント(16) | page top
ああ、選べない!
2012 / 06 / 12 ( Tue )
こんばんは!あーくです。

うちの花壇に今年は水菜を植えたんですが、その水菜に娘が卵を見つけました。

水菜にモンシロ120603

調べてみると水菜ってアブラナ科みたいだし、たぶんモンシロチョウの卵でしょうかね。
結構な数が産み付けられているんですが、娘が卵退治を許してくれません。

チンゲンサイに続き、水菜も丸裸にされてしまうのでしょうか・・?
家庭菜園と言うか、家庭虫園状態です。



さて、昨年11月に羽化報告をしたインスラリスキンイロ。

この前の世代は、羽化から後食まで二年掛かりましたが、今回は約半年で後食が始まりました。

♂♀揃って後食を始め、いい感じ♪

となると、悩むのは親虫選びです。

tomo2さんからいただいたの赤味がかった♂
インスラリス111120-1

musao6464さんからいただいたの純グリーン固体
インスラリス111120-2

う~ん、悩む・・・・
どちらも捨てがたい!!!


♀はtomo2さん血統の虎の子の1頭だけだから、CBしてみようか。

という訳で、このようなこととなりました。
インスラリス120609-1インスラリス120609-2

細々とつながったインスラリス、今度もなんとか頑張ってもらいたいところです。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

22 : 55 : 49 | Lamprima insularis | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
遺伝なのか?
2012 / 06 / 28 ( Thu )
こんばんは!あーくです。

前回の記事で、水菜についたアオムシを娘が退治させてくれない話を書きましたが・・

その後、我が家は蝶の幼虫ですごいことになってます。

まずはモンシロチョウの幼虫です。
これを数匹飼育していたんですが・・・
アオムシ

ある時、ケースのフタに上がってきたかと思ったら、
幼虫の周りに小さなマユができて動かなくなりました。
アオムシコマユバチ

WEBで調べてみたら、アオムシコマユバチというそうな。
割と早くからケース内で飼っているのに、いったいいつの間に寄生したのか?
結局、アオムシは全滅・・・

娘も大ショックで幼虫飼育は懲りたかと思ったのですが・・・

お次はこんなのを採ってきました。
こりゃまた、グロいのを。かみさんが恐れおののいています。(笑)
ジャコウアゲハ

私も小さな頃から虫好きで、いろんな幼虫を採っていましたが、こんなのは見たことありませんでした。

調べてみると、ジャコウアゲハの幼虫なんですね。
どちらかというと南方系の蝶で、温暖化にしたがって生息域を北へ東へ拡大している蝶のようですから、ひょっとして30年前くらいは千葉あたりにはほとんどいなかったのか?

娘に幼虫を語らせるといつまでたっても止まりません。
アゲハチョウの終齢幼虫は超カワイイ!そうです。

やっぱり遺伝なんですかねえ??
20 : 33 : 00 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。